2018/02/09

ゲームオブスローンズ|ドラマの構成と初期シーズンのシナリオ


ポク太郎です。
先日から準備を続け、やっと公開したこのブログ。数日しか経ってないのに、ダイレクトでここへ飛んできてくれる方が結構いらっしゃいます。

ブラウザのブックマークにでも入れて下さったのでしょうか。ありがとうございます。

さて、この記事はドラマの構成に関する情報について書きました。(まだ視聴前の方向け)


Game of Thronesの構成

このブログで扱う『ゲーム・オブ・スローンズ』は、小説を原作としたHBOテレビドラマシリーズ

現在シーズン7まで放送済で、シーズン8で完結ということが公式アナウンスされています。

各シーズンは10エピソード構成(シーズン7は7エピソード、8は不明)となっております。
ドラマの構成
副題 エピソード数
第1シーズン 『七王国戦記』 10
第2シーズン 『王国の激突』 10
第3シーズン 『戦乱の嵐-前編-』 10
第4シーズン 『戦乱の嵐-後編-』 10
第5シーズン 『竜との舞踏』 10
第6シーズン 『冬の狂風』 10
第7シーズン 『氷と炎の歌』 7
第8シーズン 不明 不明

1エピソードが60分。その60分の間、各キャラのパートが7~10程。物語が各地で同時進行してますので各パート別れて進みます。

DVD、Blue-Ray共に1シーズン5枚。一枚当たり2エピソードづつ収録されています。

ハリウッドドラマのフルシーズンは通常22話で、1話45分。それで言うところの4~5シーズンものに相当。(時間換算)

あちらにはシーズン10を超えるものも多々ありますが、それと比べるとそんなに長編ではないです。


序盤のシナリオ構成

シーン構成としてのパートは↑の通りですが、世界を舞台にした壮大な物語なので、大きなストーリーとして、三つ程のシナリオに分かれています。

シーズン1でのシナリオは、
1. 陰謀、策謀まみれの王都
2. 再起を図る元王族ターガリエン
3. 最北から忍び寄る“冬の化けモン”に怯えるナイツウォッチ

パートの遷移は話のつながりを持っていますが、前回そのキャラが登場したパート、エピソードからかなり間が開きます。

ですので、現在のパートがどのシナリオに属すのかをつかめてないと、過去の出来事を全部忘れてしまっています。(少なくとも初老は。)

そうなると面白さが半減するのでそれは回避したいところ。そのためには、やはり登場人物の相関を頭に入れるのがベスト。

そこで、以下の表を。

上記シーズン1のシナリオを理解するため、知っておくとよいと情報を以下にまとめます。表内のリンクをクリックすると、関連の人物相関ページが開きます。

各シナリオに関連する人物、家
1. 陰謀、策謀まみれの王都
関連 ここでの主役:エダード・スターク
キングス・ランディング小議会

関連する家系は↓。ドラマの知識ページからどうぞ。このシナリオはたくさん関わってくるので注意です。
バラシオン家
ラニスター家
アリン家
2. 再起を図る王族ターガリエン
関連 ここでの主役:デナーリス・ターガリエン
ターガリエン家

関連する家系は↓。ドラマの知識ページからどうぞ。
ターガリエン家
モーモント家
3. 最北から忍び寄る“冬の化けモン”に怯えるナイツウォッチ
関連 ここでの主役:ジョン・スノウ
壁-冥夜の守人

物見遊山でに訪れるのはこの人。見聞を広めようと努力しています。
ティリオン・ラニスター
「ここでの主役:」は初老が独断と偏見で決めました。


意気込みと抱負

とにもかくにも始めてしまいましたこのブログ。いきなり訪問者がいてちょっとビックリ。

「これはがんばって更新せなアカンな」と思ってはいるのですが、本体のブログでは、オリジナルの漫画や他の映画の似顔絵、あと常連さんを笑わすネタ記事。

さすがに毎日更新は、ちょっとキツイ。うーん…、どうしようかと悩んだ末、嘘つきがこう宣言します。
このブログの更新は二日に一度。

…、
…、
…、
…、やっぱりやめた。こう↓宣言します。
このブログの更新は少なくとも三日に一度。

こんな感じでやっていきたいと思います。(なにぶん嘘つきの宣言ですのでご注意。)


お読み頂きありがとうございました。


【関連記事】
ゲームオブスローンズ|地名リスト-地図を予備知識として
ゲームオブスローンズ|解らない初心者が要する事前知識!
ゲームオブスローンズの専用ブログ始めました。





ドラマの知識へ
(目次)
各エピソード詳細解説へ
ネタバレ要注意
ホームへ

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ 人気ブログランキングへ blogramのブログランキング

↓シェアされると独りで喜びのダンスを踊ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿