2018/02/13

[ゲームオブスローンズ]難しいので似顔絵で相関憶える[王の盾]


登場人物が非常に多い海外ドラマ、
ゲーム・オブ・スローンズ
Game of Thrones

王の盾を務める騎士達です。


王の盾

王の盾:グレガー・グレゲイン(マウンテン)
ゲーム・オブ・スローンズ/Game of Thronesシーズン序盤の登場人物と相関図をハリウッドスター似顔絵EasyDrawings付記事で-グレガー・クレゲイン(マウンテン)/Gregor Clegane(Mauntain)演じるのはハフポル・ユリウス・ビョルンソン/Haftor Julius Bjornsson。
王に仕える騎士。クレゲイン家の家長、通称「マウンテン」。筋骨隆々の大男で残虐非道。
顔を憶えるまでもない雑魚キャラですが、各地で悪事を働くので頻繁に名前が出てきます。また、↓の弟サンダーが重要キャラです。

クレゲイン家は、ラニスター家の旗手。といっても元は犬舎の主人であり、グレガーの祖父の代に土地と肩書を与えられた貴族とは呼べない家系。

王都で権勢を振るっているのがラニスター家なので、役職を与えられますが登場シーンは少ないです。

演じる俳優はハフポル・ユリウス・ビョルンソン(シーズン4、5)


王の盾:サンダー・クレゲイン(ハウンド)
ゲーム・オブ・スローンズ/Game of Thronesシーズン序盤の登場人物と相関図をハリウッドスター似顔絵EasyDrawings付記事で-サンダー・クレゲイン/Sandor Clegane演じるのは、ロリー・マッキャン/Rory McCann。
王に仕える騎士。通称「ハウンド(猟犬)」で、兄グレガーにも劣らない王国を代表する豪傑。

↑のグレガーの弟。幼少時の事件により、右頭部が焼けている。その事件によるトラウマが原因で後に王から離れることになります。

物語が進んだ後、主役の成長に影響を及ぼすことになるので、こちらは重要キャラ。

悪人ではあるが、自身の捉える「道理」に従っており、兄グレガーのような極悪非道ではなく分別はあり。

幼少期の事件が見えると、悪人ではなく理不尽な事件から学習したただの被害者にも見えることから結構人気のあるキャラのようです。

演じる俳優はロリー・マッキャン。非常に汚らしく、またスマートな動作をしない辺りがカッコイイのかも。


王の盾:マリーン・トラント
ゲーム・オブ・スローンズ/Game of Thronesシーズン序盤の登場人物と相関図をハリウッドスター似顔絵EasyDrawings付記事で-マーリン・トラント/Meryn Trant演じるのはイアン・ビーティー/Ian Beattie。
王に仕える騎士。特に秀でている訳でもないが無条件に暴君の命令に従うので役職についているものと思われる。

このドラマに登場するキャラは何かしら変態要素を持っておりますが、サー・マリーンの変態要素は「児童虐待」。

強くもないし名声もないただの雑魚騎士ですが、主役が常に復唱する“殺したいリスト”に入っているので、よく名前が出てきます。

演じる俳優はイアン・ビーティー。“存在感の全くない児童虐待者”という最低の役に指名されてしまいました。




【関連記事】
[ウィンターフェル城]
[キングス・ランディング小評議会]
[ラニスター家]

ドラマの知識
(目次)へ戻る
ホームへ



スポンサーリンク



↓ ランキングの応援ポチポチッとお願いします ↓
(Ctrlキーを押しながら)

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ 人気ブログランキングへ blogramのブログランキング






0 件のコメント:

コメントを投稿